HOME > 法人概要 > 施設概要 > 国府市場事業所

施設概要

国府市場事業所

新着情報

国府市場)冬至です

こんにちは。

国府市場事業所の管理栄養士 岸本です。

今日は、冬至。

一年で最も日が短く、夜の長い日です。

これから少しずつ日が長くなっていきます。

さて、幸輝園では、ゆず湯と南瓜の煮物を用意しました。

touji

kabo

柚子は國富施設長が國富家で収穫した物です。

大きな物は「獅子柚子」といいます。

文旦の仲間なんですけどね。

食べてもおいしくありません。観賞用です。

でも、インパクトは大!

これなら邪気も驚いて逃げること間違いなし!

邪気を払って無病息災!

ゆず湯の由来は諸説ありますが、ゆずの強い香りが邪気を払うといわれています。

ゆずは実がなるまでに何年もかかるので、「長年の苦労が実りますように」という意味も込められているようですよ。

南瓜を食べるのは、夏にできた南瓜を保存して食べ物の少ない冬を乗り切ることに由来しているそうです。

南瓜はビタミン(A・C・E)が多く含まれ、風邪予防・老化予防になります。

そういった意味でも、食べられてきたのかもしれません。

今年も残すところ10日です。

元気に新しい年を迎えたいですね。

 

2015/12/22